シミ治療を新宿でしましょう
2020年11月3日

シミ治療におすすめのハイドロキノン軟膏

顔にシミが出来ると、鏡を見るたびに気になってしまうでしょうし、ファンデーションで隠すのも時間がかかるので、美容外科で治療を受けて治すことをおすすめします。美容外科で行う治療のひとつに、ハイドロキノン軟膏をシミが気になる部分に塗る方法があります。ハイドロキノン軟膏には、メラニンを作るチロシナーゼの働きを阻害したり、メラノサイトを破壊して、メラニン色素を作らせないようにする効果があるので、使えば使うほどにシミが目立たなくなります。市販の化粧品にもハイドロキノンが配合されているものがありますが、処方でもらえる軟膏の方が比べものにならないほど効果があるので、美容外科に行くなら、わざわざ高価な化粧品を買う必要はありません。

ただしハイドロキノンを使っているときは、紫外線対策を徹底しなくてはならないので、その点だけは注意するようにしてください。シミやそばかすが濃くなり、余計に悪化する可能性があるので、夜以外は使用しないようにして、日中のハイドロキノン使用は控えた方が良いですね。特に高濃度の5%以上のハイドロキノンは使用方法を間違えると、肌への負担が非常に大きく、炎症やかぶれを引き起こすことがあるので、医師の指示に従い、用法・用量を守って正しく服用するようにしてください。ハイドロキノン軟膏以外にも、トレチノイン軟膏が治療に用いられることもあるので、シミにお悩みの方はまず、信頼出来る美容外科を探して、カウンセリングを受けることから始めましょう。

新宿で二重治療のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です