シミ治療を新宿でしましょう
2020年11月18日

老人性色素斑のシミ治療

脂漏性角化症と呼ばれているシミのタイプは、老人性いぼと言われることもあります。皮膚の良性腫瘍ですから、本人が気にならないようであれば、特に対処もしないで、放置しても問題にはならないものです。ですが、美意識の高い女性の視点からしたら、ビューティーという意味で放っては置けない症状と、感じる人は少なくはありません。サイズが小さいうちであればシミ治療としても、割と簡単に除去することができるものです。

サイズが大きくなると、治療を行うにしても、それだけ負担がかかってきます。皮膚科などを受診して、早めの対策を行うことが大切です。美容皮膚科やクリニックで診てもらい、脂漏性角化症であるかかどうかの診断をしてもらいましょう。脂漏性角化症というのは、ホクロや日光角化症など、ほかの症状と似ているため、自分での判断は難しいのです。

この症状は、年代で言うと30歳代以降に出やすくなっており、女性だけではなく男性にも、顔のみならず体にも現れてくるものです。角質細胞が増殖していくため、まるでイボみたいに、すこし膨らみをもったシミになります。医療機関での治療では、Qスイッチルビーレーザーですとか、炭酸ガスレーザー、ライムライトなどでも処置を行っていきます。液体窒素を利用した凍結療法ですとか、電気メスを利用して行う切除術、レーザーでの切除術で対処していきます。

こういた内容での処置になる場合、治療を行うに当たり、多少のダウンタイムは理解しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です