シミ治療を新宿でしましょう
2020年12月6日

50代のシミ治療について

人生も熟知してくるのが50代ですが、シミ治療に関しては40代までの比較的若い世代とは異なってきます。50代の熟練した大人世代に入ってくると、シミの大きな原因は、肌のターンオーバーが滞ることが大きな要因となってきます。そこから引き起こるのは、老人性色素斑です。健康な肌サイクルは28日と言われていますが、これは若い20代にはあてはまるもも、年齢を重ねていくと28日でターンオーバーを迎えるのは困難になっていきます。

シミ治療をしていくにあたり、皮膚のターンオーバーを、できるだけ正常化していくのは大切なことです。50代にもなると、肌サイクルは28日ではなく、一般的には40日くらいはかかります。現実的には、40日以上かかる人が大半になってきます。皮膚の生まれ変わりが順調ではなくなるので、皮膚のメラニン色素は滞り、排出されずに肌でシミになります。

治療ではターンオーバー促進が必要ですし、肌に触れる素材にも意識を向けるべきでしょう。人にもよりますが、年齢を重ねていくと、中には身なりにも気を使わないどころか、肌に何が触れるかもあまり気にしなくなる人が出てきます。顔を洗うのに、ナイロン素材を使用しているなら、それはすぐに変えましょう。肌に刺激を与えますし、ゴワゴワのタオルを使うのもマイナス要素です。

50代の肌ケアでは、肌の新陳代謝アップを心がけることと、肌への刺激を少なくするのが、大きな課題と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です