シミ治療を新宿でしましょう
2021年3月6日

外用薬によるシミ治療

美容系クリニックでは様々な、美容医療が行われています。その中でも特に患者数が多い、シミ治療は人気です。シミはメイクでカバーしようとすると、どうしても厚化粧になってしまいがちです。シミがある肌は老けて見られてしまいますが、厚化粧も老けを感じさせる要因になります。

メイクで隠す事も難しいシミに、悩んでいる女性は多いのです。クリニックではレーザーや光によるシミ治療を行っていますが、これらの治療法は肌質によっては、刺激を感じるケースもあるようです。このような場合、外用薬による治療がお勧めです。外用薬による治療であれば、美白作用のある塗り薬を肌につけるだけなので、肌への負担も最小限に抑える事ができます。

レーザーなどでの治療では余計にシミが濃くなってしまうという場合も、外用薬による治療は有効です。シミ治療に使われる外用薬として、有名なのが「ハイドロキノン軟膏」です。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われている程、美白作用に優れた成分と言われています。シミの原因となるメラニン色素を作る、チロシナーゼという酵素の働きを抑制する事によりシミを解消します。

ハイドロキノン軟膏の他には、トレチノイン軟膏という外用薬も、ポピュラーに処方される外用薬です。トレチノイン軟膏は肌のターンオーバーを活性化し、メラニン色素の排出を促す作用を持っています。外用薬によるシミ治療は、レーザーなどよりもシミ改善に時間がかかるかもしれません。ですが、費用も比較的安く、手軽に受けられるので始めやすいシミ治療です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です