AI型チャットボットの特徴

チャットボットには様々な種類があるため、導入を検討する際はそれぞれの特徴を把握しておくことが大切ですが、ここではAI型チャットボットの特徴を解説していきます。AI型は、文字通り人工知能(AI)を搭載したチャットボットで、人工知能がユーザーの質問内容を分析して回答を提示します。あらかじめ、想定される質問やそれに対する回答といった会話に必要なデータを人工知能に学習させることで構築しますが、ユーザーとの会話を繰り返す中でも学習を進めるのが特徴です。そのため、運用すればするほど回答の精度が向上していき、より人間に近い会話を行えるようになります。

AI型のチャットボットは、複雑な質問にも回答できるとともに、表現のゆらぎにも対応可能です。例えば、あらかじめ用意したシナリオに沿って会話を進めていくシナリオ型のチャットボットは、「本日」と「今日」といった表現のゆらぎに対応できないので、全ての表現に対するシナリオを用意しなければなりません。しかし、AI型は学習を進めていく中で徐々に表現のゆらぎにも対応できるようになっていくので、幅広い問い合わせに対応することが可能です。その結果、オペレーターが対応する問い合わせが減るので、業務効率化が図れるとともに人件費の削減につながります。

一方で、AI型は適切な学習データを用意できなければ回答の精度が向上せずに、ユーザーの満足度の低下を招く恐れがあります。加えて、一定の回答精度になるまでに時間がかかるとともに、運用後も定期的に不適切な回答を行わないかをチェックして、必要に応じてチューニングしなければなりません。また、導入・運用のコストが高くなる傾向があるのもAI型のデメリットとなります。チャットボットのことならこちら

Filed under: IT・通信関連, チャットボット, 問い合わせTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website