プログラム仕様のチャットボットを構築する為のスキル

インターネットサービスは今では、映画鑑賞からネットショッピングさらにはオンライン授業などさまざまなもので構成をされる時代となりました。国内では1997年当時の政権がIT化社会を目指すと指針を掲げられ、高速インターネット回線網の敷設にも尽力をされました。そして世界で初めて定額制サービスを用意することもでき、一気に一般家庭にも普及をしたわけです。現在ではわれわれの生活には欠かせないインフラとなり、利便性の良いツールにもなっています。

個人でwebサイトを作ることも可能で、なかには高い需要が見込めるネットショップを運営したいという方もいらっしゃることでしょう。その際はチャットボットをサイト内に埋め込むと、多くの利用者を見込めるものです。ここでは簡単に、チャットボットをプログラム仕様で用意するためのスキルを述べていきます。チャットボットは大きく分けて2つの種類があり、自動応答システムにすることも可能です。

それがプログラム仕様というもので、AIによる学習機能を活用するものです。このチャットボットを構築するのは、C言語と呼ばれる専門用語を駆使する必要があります。まずC言語でフローチャートを作っていき、サービス内の問い合わせで多い質問と回答を一つずつ構成をしていきます。このとき、必ず自動返答をオンにしておくことが大切なポイントです。

あとは実際にwebページにコードを打ち込めば、利用方法などの問い合わせをオートで完了させることが可能です。

Filed under: IT・通信関連, チャットボット, 問い合わせTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website