チャットボットを活用したサービス

AIと会話出来ると聞くと未来の話に聞こえるかもしれませんが、現在既に実用化されているのを知っているでしょうか。よく見るところで言えば、宅配サービスのお知らせで使われています。宅配において問題となっているのは不在による再配達です。そこで、トラックが実際に到着する前に、在宅かどうかをメッセージを送って確認するのです。

その会話はチャットボットと呼ばれる自動テキスト会話で行われ、AIの技術が使われています。チャットボットはその時、家にいますか、といったお決まりの会話をするだけなので、AIで可能なのです。それ以外にもチャットボットは選択肢を表示させられるので、聞かれた側はボタンをタップするだけで会話している事になります。こういった面から考えて、チャットボットは特定の分野に特化した会話なら既に十分に可能だという事が分かるはずです。

同様に商品やサービスのお問い合わせ対応などにも使われており、その威力を発揮しています。特に、聞かれた事に商品の情報を検索して答えるタイプのものは、データベースをチャットボットは参照出来るので非常に相性が良いと言えるでしょう。もちろん複雑すぎる質問には答えられませんが、逆にちょっと調べれば分かる様な質問には一瞬で回答出来るため、専門のスタッフが簡単な質問に答えるといった無駄の多い作業から解放されるのです。これまで導入していなかった企業でも導入を検討する流れが来ています。

Filed under: IT・通信関連, チャットボット, 問い合わせTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website